私は会社に行く時につけている腕時計が止まってしまいました

私の腕時計が止まってしまいました。たぶん時計の内部機構が壊れたのではなく電池が切れたのではないかと私は思ったので、時計屋さんか家電量販店の時計コーナーで電池交換してもらおうかなと考えました。

しかし、多くのお店では安くても腕時計の電池交換は電池ので値段込みで、1000円以上します。

そこで、今回は私はその料金の節約もかねて自分で電池交換してみようと思いました。様々なサイトを見ると腕時計の電池交換はそれほど難しい作業では内容だったので、自分でやってみようと思ったのです。

インターネットで腕時計の電池交換の方法を調べてみると、それをするためには専用工具が必要になるということが分かりました。

その時計工具について調べてみると、結構高価なものから安いものまであるようだったの腕時計の裏蓋を開けさえすれば電池交換は簡単なようです。私は安い時計工具を某100円ショップで100円ではない値段で購入しました。

私の腕時計の裏蓋は購入してきたへらのような時計工具を使うと腕時計の裏蓋は簡単に開きました。腕時計の裏蓋開けて電池取り出し、それを持ってお店に行き時計の電池を購入して新しい電池を腕時計に入れました。

そうすると腕時計は針は元とのように軽快に動き出しました。腕時計の電池交換自体は短時間で簡単にできました。

時計屋さんで短時間で電池交換してもらうのもいいのですが、時間をかけても自分で腕時計の電池交換ができるとことがわかりました。次回電池交換をするときには、今回のように様々なことを調べたりあちこちのお店にも行かなくてもいいのでより早く腕時計の電池交換ができると思います。

ただし、私が自分で腕時計の電池交換をしようと思った腕時計はスイスの高級腕時計でもなければ国産の高級腕時計でもなく、どこにでも売っている国産の腕時計です。もしこれが数十万円以上する腕時計ならば私は自分で腕時計の電池交換をしようとは思わずにプロに電池交換を任せていたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です